ライフティで延滞してしまった・・どうすればいい・

ライフティでは35日サイクルで返済を行います。

 

初回の借入れの場合は、借入日の翌日から35日後が返済期日となります。2回目以降は最後に返済した日の翌日から35日後となります。またライフティでは35日たたなくても、次の返済期日よりも前に繰り上げて返済することが可能です。その場合は繰り上げた日の翌日からまた35日のカウントが始まります。

 

こうなってくると少し面倒なのが返済期日の管理です。毎月決まった日付に口座引き落としされるならまだしも、早期返済などが関わってくると少し返済期日が分かりにくくなることがあります。その結果期日を間違えたり忘れたりしてしまった、延滞を起こすことにもなりかねません。

 

ではもしライフティで延滞してしまったらどうしたらよいでしょうか?公式サイトの「よくある質問」コーナーを見ると、「支払期日が過ぎてしまった場合、どうしたら良いですか?」という質問に対して、「お問い合わせ窓口(0570-200-206)までお問い合わせください。(返済に遅延が発生した場合、遅延損害金をお支払いただくことになります。)」という回答が返ってきています(引用元:http://www.ryfety.com/faq.html)」。

 

ですからまずは気付いた時点ですぐにでもコールセンターに連絡することが大事です。明記はされていませんが、こちらから連絡することで心象を最大限悪くしないようにできるでしょう。遅延損害金は残念ながら発生してしまいます。この場合の実質年率は20.0%になっています。この年率を延滞日数分負担しなければいけません。

 

返済期日に気づいていない場合

場合によっては返済期日をすっかり忘れていて全く気付かないということもあるでしょう。

 

その場合はどうでしょうか?さきほどの「よくある質問」コーナーの別の質問では「返済が遅れた場合に、お知らせの通知が自宅に送られてくることがありますか」という質問があります。

 

そしてその回答として、「ご返済が遅れた場合は、お電話や郵送・メールにてご連絡させていただく場合がございます。」と記載されています(引用元:上記URLと同じ)。

 

はっきりとは言っていませんが、これによると連絡がいずれかの仕方で自分にされることになります。この連絡が来た時点でしっかり対応し、返済のタイミングについて相談してしっかり返せば大きな問題にはならないでしょう。しかしもしこうした事を繰り返すようだと信用情報が悪くなってしまうので要注意です。