在籍確認の意味は何?

どんな消費者金融業者や銀行のカードローンで融資を申し込むにしても、必ず在籍確認というものが行われます。
これは何かというと、融資の可否の審査をするうえでとても重要な項目で、申込をした人が、告知している勤務先で
本当に働いているのかどうかを確かめるプロセスです。

 

一般的に在籍確認は融資を申し込んだ人の職場に電話をかけることによって成立します。
申込者がそこで実際に働いているという状況が、電話を受けたその会社の同僚、ないしは申込者本人とのやり取りから確認できればそれでOKです。

 

例えばライフティが申込情報に入力された会社に電話をかけ、担当者が個人名で次のように会話を始めます。

 

「もしもし。わたくし○○と申しますが、○○さん(融資の申込をしている人)いらっしゃいますか?」。その電話を受けた人が申込者本人だとすれば、そこで担当者は「ライフティです。在籍確認が取れましたので・・」という感じで要件を話します。

 

もし本人ではなく同僚が出たとしたら、そこでライフティ側が融資の申し込みの件で電話をしているということは一切触れずに、単に申込者に電話を取り次いでもらいます。仮に申込者が不在だとしても、同僚が申込者が不在であるとか、次の出勤日がいつであるといった回答をするならば、その会社に在籍していることが認知されているという確認になるのでOKです。

 

ふつうこの電話でのやり取りはものの1,2分で終了します。ですから在籍確認電話を過度に恐れる必要はありません。

 

ライフティの在籍確認は電話で行われる?

職場に電話がかかってくるのをどうしても避けたいという人も少なくないでしょう。いくら担当者が個人名でかけてくるといっても、私用の電話が職場にかかってくるのが珍しいとか、そういう電話が許可されていないという場合もあるかもしれません。

 

そういう場合に在籍確認を電話以外の方法で行ってもらうことは可能でしょうか?
消費者金融業者によっては、書面によって職場への在籍が証明できればOKとしているところがあります。
例えばモビットなどは在籍確認電話の代わりに社会保険証などを用意することで済ませるのを公式に認めています。

 

ではライフティはどうかというと、公式HPの「よくある質問」という項目によれば「申し込み後に自宅や会社に連絡が来ますか」という質問に対して「ご本人様であるかどうかの確認、お申込み内容に間違いがないかの確認をさせていただくために、ご自宅、勤務先へご連絡させていただく場合がございます。(引用元:http://www.ryfety.com/faq.html)」という回答になっています。

 

絶対に電話連絡をするとは断言していないので、コールセンターに相談することで代替案を提示してくれる可能性はあります。ただ普通は電話による方法が一般的なので、もし書面での確認が拒絶されたらあきらめるしかありません。